事業紹介

図1:仕事相関図

弊社の基幹産業は建設業の設備(管工事業)です。
営業から始まり、設計、施工、管理までを一貫して行っております。
設計はエンジニア、施工は現場職人、管理は代人が行っております。
・営業
施主、ゼネコンと商談し、設備の新規案件を受注いたします。
・設計(エンジニア)
営業が受注した案件の設計を行います。
設計を行うのはエンジニアです。弊社は富士通さんのCADEWAというCADシステムを利用し、図面作成を行っております。設備は表から見えない為、構造を理解し、構造の範囲中で設計をしていきます。他業種さんと連携を取り作成する必要があり、コミュニケーション能力も求められます。作成する図面の種類は1種類ではなく、設計図、施工図(施工する為に使う図面)、竣工図(実際に工事を行い出来上がったものを図面に起こしたもの)など、状況に応じた図面を作成します。
作成した図面を元に現場職人が施工を行います。
・施工(現場職人)
弊社は職人もかかえております。会社のことを熟知した職人が現場作業を行う為、報連相がスムーズに行うことができ、効率的な仕事ができるのです。
・管理(代人)
現場の管理を行います。弊社が担当する工事を管理すると同時に、施工に携わる現場職人の管理も行います。しっかりと進捗を把握し、ゼネコンや他の専門業者の間に入り進め方や工事のスケジュールの調整を行います。
・教育業務
発展途上国に対しての教育活動
 発展途上国に「衛生」の重要性を伝える為の教育活動を行っております。
ベトナムではダナン建築大学にてゼミ形式で教育を行っており、本年でこの活動は6年を迎えました。
2020年度よりミャンマーの西ヤンゴン工科大学にて同活動を始める予定です。
社員の教育活動
 弊社ではたくさんの外国人社員が活躍をしております。その社員たちの来日前後に日本語教育や、日本の文化、働き方、礼儀、マナー講習を行っております。日本と自国の違いを知ってもらい適応してもらう為に絶対に必要なことが日本式の教育です。
詳しくは「教育活動」のページをご覧ください。
・国際業務
文化交流活動
 弊社はASEAN諸国において、日本の文化を知って頂く為に積極的に文化交流イベントに参加しております。また、日本の大学生と現地大学生の交流の場を設けたりしております。
この活動は現地の方への日本への興味をもって頂くと同時に、弊社社員の母国に対しての感謝の気持ちをもって行っております。文化交流活動の企画から当日の運営まで行います。
社会貢献活動(CSR活動)
 社会的責任を果たす為に弊社は様々な社会貢献活動を行っております。
①発展途上国に「衛生」の重要性を伝える教育活動(教育業務に記載済)
②発展途上国へ日本式のレストルームの寄付
③恵まれない子供たちへの支援と交流活動
各国要人対応
会社、グループ全体の経理を担当しております。
TAKARAグループは設計図、施工図、積算、上下水道申請図をアウトソーシング化しております。長年に渡り築き上げた設備技術を、私達の多くの国際交流活動の経験から得た『共創』の信念を元に、海外業務委託先(ベトナム・ミャンマー・中国)に積極的な技術支援を行い、国によって異なる文化や風儀も含めた総合的なナレッジを提供、伝承し「最高の知」としてグローバルに渡り合える「最高の人材」を育て、国内制作と全く変わらないクオリティーとスピーディーな業務体制を構築しています。更に全ての工程は、日本国内で徹底した管理・検証を行い徹底した品質マネージメントを行っております。
  • 作業内容を定常的に管理・コントロール
  • 技術ノウハウの提供・研修
  • コンプライアンスの徹底